新しいことをやってみて

以前ブログで書いた新しいことをやってみる

現在1回、2回と取り組んでいます。

自分に合わないと感じたら気にせず(執着せず)辞めてもいいか・・・

という心づもりだったのですが。

私の場合は、1回目の体力精神力の消耗が酷いのか、めちゃくちゃ体が痛くなりました。

他にやっているスポーツがあるんですが。

これも1回目は、3日間筋肉痛で動けなくなり。

今回の新しいことも4日間ほど腰痛と足の筋の痛みに悩まされました。

 

そうなると

こんなにしんどいと・・・合わないのかな

周りの念(闇)が私を襲ってきているのかな

なんて、昔なら思いそうでしたが・・・

今は、「はいはい。一回目はだいたいこうなるんだよな・・・」と少しスルー力がついてきたように思えます

 

そして、2回目行く時。

朝から左目が激痛で、頭痛もかなりきつい状態。

今までに体感したことのない頭痛だったので、これ病院行った方がいいやつでは?

何か意味があるのか・・・、体調悪いのかと、不安に襲われました。

そして、体温計で計ると「熱はない」。

熱はないし、どちらかというと意味のある頭痛のような気がするから行こう

と思い2回目も行きました。

すると、我ながらビックリ

 

1回目は直ぐに腰痛と足の筋の痛みが襲ってきたのですが。

2回目は疲れたなという程度。

朝酷かった頭痛も、夕方は治っていました。

2回目を終えた次の日も、痛みはなく。

「毎回1回目は痛いってなんなんだ私」と、思いました。

 

私の場合、1回目を終えて、2回目を行うまでの感覚。

この部分を乗り越えられると、後はスムーズに行動できるようになるのかも、と思いました。

 

そういえば・・・先日のスピ訓練(ウェルシークラス)で、

両極端な感覚は両方とも心の闇で、光はその闇同士で打ち消し合わせることもある

みたいな話を聞きました。

(まだ、ちゃんと理解できてないので、上手く説明できません・・・)

 

私は、「新しいことをしよう」と行動する時、たぶん「よーし、やったるで~」みたいな感覚があるんだと思います。

その「よーし、やったるで~」の中には、「頑張るぞー!」という力や

「自分ならできるぞー」「自分なら上手にできるはずだ!」などの欲も混ざっているんだと思います。

そして、実際にやってみると、想像以上に難しいことが分かる

だから、その反動で「自分にはできない」という感覚が出てくるのかなと思えます。

そのふり幅で、自分の体の痛みに繋がているような気がしています。

 

そして、現実を知ったので、2回目は「やる」ことだけに集中して、他は特に何も思わず行動をしている。

だから、体に痛みも出ないのかなと思えます。

 

人によっては、私のように体にくる人もいれば、精神にくる人など様々だと思います。

心の光や闇を知ってすぐの頃は、ポジティブな感覚とネガティブな感覚が光と闇だと思っていました。

でも、そうではないと知りました。

知っていても自分で行動しないと、光の絶妙な感覚って分からないものだなと思います

そういう意味で、目的意識を持って行動することって大切だなと思います。