執着は、あこがれと似ているのかな

実家の片付けも進んできましたが、

実家の問題も改善の方向に向かっています。

一人が動くと、関連して他の人も動き出す場合もあるという。

「行動する」ということが、とても重要なのは

光でも闇でも具現化していくからなんだとつくづく思います。

 

実家を片付けていると、執着していた頃の努力がたくさん出てきました。

ですが、思いのほか少ないとも感じています。

自分の中では、とても大きなものが大量にあるんだ。

と思っていたのですが、実際に見ると違いました。

執着していた頃の自分を、「努力している」「頑張っているんだ」と、思いたかったのかもしれません。

 

それに、今は見えていない場所で

まだ執着が眠っていそうなんですよね・・・。

そして、発見できてないのですが。

それを発見できるところまで、早くたどり着きたいと思います。

 

それにしても、執着って心の中で知らないうちに大きくなるものなんですね。

私の場合は、執着って『あこがれを抱く』ことと似ているなぁ、と思いました。

だから、距離を置けば置くほど、存在が大きく感じてしまう。

でも、知ってしまうと小さくなる。

 

光の面だったら、大きくなったり小さくなったり

受け止め方が、コロコロ変わらないと思うんですよね。

 

では、執着の片付けを、このまま進めていきたいと思います。