部屋のお掃除中④(本棚)

本棚へ向かっていました。

本棚の中には、本以外にメモやノートがたくさん・・・。

一段ずつ全て取り出して、確認をしていきました。

見た目は本だけが入っている棚にも、ノートやメモが挟まっていたり。

奥に封筒が落ちていたり。

これって、開かずの間状態だったのか・・・と、改めて認識しました。

 

ノートは中身を確認しながら

「この内容は今は見なくても分かっているな・・・」と、思えるものが多いこと。

そしてサクサクと捨てることができました。

そして、メモはいろいろ驚きが多かったです。

こんな昔のメモがなぜ!!・・・と思うことがしばしばありました。

昔の感覚に一瞬戻りそうになったので、グッと今に意識を戻して、捨てていった感じです。

本は、自分が読みたいと思ったものか、他人に流されて買ったものなのかなどを、意識しながら捨てました。

 

資料も多く「またこの資料手に入れるの大変」と、ついつい思ってしまう自分が出てきたんですよね。

でも、冷静に「その資料を、また使う時ってあるの?」と思うと「うん。全く必要ないです」と思えるようになっていました。

 

初め、部屋の片づけをする時に、本棚は先に目を通していたんです。

ですが、その時は「これは必要」っと思っていたんですよね。

最初と感覚が少し変わってきているんだなと、改めて気付けました。

 

今回の本棚の片づけは、今までと少し違いました。

捨てていると、どんどん恥ずかしい気持ちが湧いてくるんです。

これも大切、あれも大切・・・

でも、これもあれも、人から勧められたもの(他人を意識したもの)ばかりじゃない。

本当に、私って軸がないんだな・・・と、思えたからだと思います。

 

心を感じ取りながら、物を捨てるって

自分にとって、大切なことに気付かせてくれるチャンスなのかもしれません。