「逃げる」を選択する癖

何か問題が起きて、逃げてしまう時ってありますか。

怖いことから逃げたり

嫌なことから逃げたり

もし、心の状態(精神的な面)の問題の場合

ずっと自分の中に存在しているものです。

それから、距離をとったり考えないようにして「逃げる」を選択した場合はどうなのかなという話です。

「逃げる」を選択したらどうなるのか

こんなことを書くのは、私はたぶん今まで「逃げる」を選択することが多かったからです。

子供の頃に、「忘れたい」と思い、記憶がなくなった時がありました。

それも、自分の心の問題から逃げる手段で取りました。

 

ですが、今は自分の心の問題は、回避できないなと、思っています。

いつか、いつかと先延ばしにしても、「いつか」必ずやることなんだなと思います。

 

それは、心の問題は「逃げる」を選択すると、溜まるだけだからです。

自分自身は、「ちょっと避けたい。今は考えたくない」から「逃げる」を選択するわけです。

ですが、心は自分自身ですので、「逃げる」を選択しているようで、選択肢として存在しないんだなと思います。

なので、自分自身の問題を「逃げる」と選択した(そう思い込んだ)場合。

必ずその問題は戻ってくるんだなと(ずっと心に置いてあるだけなのですが)。

「逃げる」と選択したものの、しばらくすると、同じ感覚が戻ってきたりするのだと思います。

人によっては、ずっと「逃げる」を選択をしている人もいるようです。

現実の行動と、心の問題

「逃げる」を選択して良い場合もあると思っています。

例えば、何か物が落ちてきたときに、すぐに「逃げる」を選択できる人は、事故を防げたり。

嫌な感覚が起きるものから、物理的に距離を置く(捨てる)や、嫌な感覚がする場から、立ち去るなどは、解決策の一つだと思います。

ですが、これは単に物理的に「逃げる」を選択しているからです。

 

心の場合は

自分が思っている以上に

自分が感じている以上に

きちんと今の問題を受け取っているのだと思います。

だから

苦しくなったり

怖くなったり

不安になったり

もするのかもしれません。

「逃げる」という選択肢はないものの。

自分自身で作り出した「逃げる」という選択はできるようです。

ですが、「逃げる」は選択しない方がいいなと思います。

今まで「逃げる」を選択してしまった私だから、そう思います。

 

時間がかかっても、「逃げる」は選択しないでいよう

心への理解には、「逃げる」という選択肢はないんだ

今では、そう思えるようになりました😊