〇〇だから分かってもらえるってことはない

自分の心の状態を知るって大切だなと思います(つくづく・・・😅)。

というのも、以前は何かを解決している時に

「うーん。早く終わらないかなぁ」

「もうこれ以上分からないから、聞かないで~」

と、思っていました。

正確には、自分がそんなことを思っていると気づかなかったです。

 

でも、相談相手には分かるんですよね。

なので「あ、これ以上は難しいのかな」みたいな感じになる。

だけど、当の本人は「これで良かったのか」と思う。

みたいになっていたのだと思います。

今さら当時を振り返ると、自分の心の声ってダダ洩れだなと思います。

これも、自分の心を見ることを意識しだしたから気づけました。

 

他にも・・・。

普段の生活で出会う人だと、

「自分の心の声で気付いた話しをしても、分かってもらえない」

「光の道を進もうとしている人にしか伝わらないだろう」

なんて、思っていたこともありました。

ですが、そんなことはない、と思うようになりました。

 

どんな人にも、光も闇もあるので

心で感じたことを「自分はこんな風に感じた」と話をしても伝わるんだなと。

だから、どんな環境でも、自分の心の状態を意識して伝えることって大切なのかもと思うようになりました。

 

たぶん、相手を説得するために話しているのではないので

相手がその時に「私はそうは思わない」となっても

「そうなんだ」で終わる感覚だからだと思います。

なので、対立ってことがないんですよね。

 

どんな状況や環境でも

自分の心の声に意識を傾ける環境って作れるのかなと思えます。

むしろ、それに気付いて会話をした方がスムーズに進むことがあるなと思えました。