「変わりたい」と思えば思うほど「変わりたくない」が出てくる

長い間ブログがご無沙汰になっていました。

新しいことを始めるにあたり、自分の「闇」と向き合うためでもありました。

どういう闇かというと

褒めてほしい

やっていると思われたい

という感覚です。

 

誰でも「褒められたい」と思うことや「やっていると思われたい」と思うことはあると思います。

それがいけないという訳ではなく

私の場合は、どういう感覚から出たのかが重要だと思いました。

 

例えば

「これからは、〇〇をやろうと思います」と周りに公言し、直ぐに行動を起こす。

周りに「〇〇のことをしました(1度だけ)」とアピールする。

「やった」ことで安心し、直ぐにやったことを見てもらい気分が良くなる。

2回目、3回目と行動が続かない・・・ということが多かったです。

 

その心根は結局「変わりたくない」という闇に流されていたからだと思います。

 

もう少しその闇について考えてみると

「今の自分を変えたい」という感覚を持つと、反対の感覚も大きくなる。

「変わりたい」⇔「変わりたくない」

自分の心の中で大きく揺れ動いて、疲れてしまう

だから、結果として続けられない自分は続けることが苦手なんだと思い込んでしまう。

 

理由としては、「変わりたい」という感覚も一つの願望であって闇であることに気づくことかもしれません。

「変わりたい」も「変わりたくない」も同じような闇で、光は違う視点なのだと感じます。

 

きっかけは「変わりたい」でも、そればかりに意識を向けすぎると

闇に流されるのかなと感じました☺