日常生活の感じ方の変化

自分の心の光や闇を見て、気付いてしていく過程で

普段の日常生活に変化があるように感じました。

 

・心の面を意識しなかった頃と

・心の面を意識するようになった今と

 

【心の面を意識しなかった頃は】

自分の感情に対して素直になれず、振り回されていました。

良いことをする

心を綺麗にする

という字ずらで行動しようとしていたように思えます。

なので、「良いこと」をしているのは、自分が良いことをしたいから

「心を綺麗にする」のも、自分が良くなりたいから

と、目的が自分の願望を叶えるためだったような気がしています。

その頃は、できないと落ち込んだり、どうしたらできるのかと考えていました。

結局

自分にできるか不安になる⇒落ち込む⇒どうしたら良いかわからず動けなくなる

という流れが多かったです。

 

【心の面を意識するようになった今は】

日常生活が大きく変わったか、という訳ではないのですが

何かに囚われることがなくなってきたような気がします。

できないことが悪いことと思わなくなったり

気持ちが落ち込むことがあっても、そういう自分がいるという感覚でいられる。

自分の心の感覚から自分自身の発見が見つかる。

そんな感覚です。

 

これから心を見ることが、もっと慣れてきたら

さらに普段の日常生活の感覚が変わるのではないかな?

なんて、少し楽しみな気持ちになります☺