〇〇過ぎると、心が重くなるようです

何かやろうとした時、頑張り過ぎたり、前向きに考えようとし過ぎたり

自分では気づいてないうちに、何かし過ぎていることはないでしょうか。

 

例えば

彼に愛されたいから、手料理など頑張り過ぎたり

彼と結婚したいから、見目を良くしようと頑張り過ぎたり

こんなことばかりしていたらダメだ!と思い過ぎたり

こういう時って、意外と気持ちは暗い方(闇)に傾いている状態だなと思います。

明るい方(光)は、何かをし過ぎることってないからです。

 

自分には自分のできることはあって、それ以上もそれ以下も求めないという感じ。

(でも、後々できることが増えているんですが😅)

何かを頑張り過ぎる自分は、結局自分に酔ってしまい、本当の自分の心の声は聞こえにくくなるからかもしれません。

 

だからと言って

「今、めっちゃ頑張っているから、もうやらなくていいや」

と、思うのは、これはこれで逆に怠け過ぎているってことになります。

やるぞって決めて全速力で動いて、疲れたから休憩・・・って「うさぎと亀」みたいですよね。

たぶん、亀は亀なりにできることをやっただけ。

うさぎは、ついつい亀と比べて走って、そして休憩したから。

うさぎもうさぎなりに、楽しく走っていれば、物語のような結果にならなかっただろうなと思えます。

自分は「うさぎみたいなタイプだから、ダメなんだ」ではなく。

もし、うさぎタイプなら、うさぎみたいなタイプだと分かったうえで、楽しんで進めばいいような気がするんです。

 

自分の気持ちや行動を「〇〇過ぎる」と、本当に重く感じます。

初めは重く感じなかったんです。

軽いものが少しずつ分かってきたから、重いということも認識できた感じです。

 

なので、まずは自分の心で感じる「軽さ」に気づけるようになるのが大切なんだろうなと思います。