自分の心の感覚に気付いた時

たくさんの人と一緒にいる時

何か(周りが)楽しいと言っている時

自分が楽しいと思わないことを恐れていました。

 

そして、皆が楽しいと言っているのに、自分は特に何も思わないのはいけない事

だと、思っていたこともありました。

 

今までは、『楽しまなくては、周りがしらける』みたいな気持ちもありました。

そして、楽しそうにしている人を見て『いいな』とも思っていました。

 

私自身が楽しいと思っているよりも

楽しそうにしている人を見ている方がいいというか。

自分自身が楽しいに傾かなくても、その空気がただ楽しいというか。

 

そこから、自分は人が集まる場では『楽しい』と思わないのか。

そういう自分でもいいじゃないか。

と、思うようになったのですが。

それもまた違うんだと思うようになりました。

 

ジワジワとくる感覚が今までは分からず。

『楽しい』とは、はしゃぐものと思い、自分の『楽しい』の感覚に気付けなかったのだと思います。

結局はどんな場でも、自分の楽しいという気持ちは沸いていたようです。

 

それに気づいたキッカケは、散歩していた時。

ある風景を見ていると、水面にしずくが落ちるような感覚で『楽しい』と思えました。

私の『楽しい』と思う感覚って、こんな感じもあるんだと分かったんです。

きっとこれは、子供の頃では、気づけませんでした。

今だから感じ取れた一つだと思えます。

 

きっと年齢に関係なく、その時その時に知り得ることはたくさんあるのかもしれません。