苦手だと思っていたら、そうでもなかったこと

急に私の苦手なことの話なのですが・・・。

私は、音楽が苦手なんですよね。

楽器の演奏が苦手やし。

楽譜も苦手意識がありますし。

音楽全般が苦手やなぁと思っていました。

 

思い出したキッカケは、

動画に使うBGMをつくろうと、つくった時です。

つくっている時は、「楽しいな~」と思ってつくったんですが・・・。

つくり終わると「あ、私、音楽苦手やったやん・・・」と思い出しました。

 

でも、思い出すまで気づかないのも変だな?と思い。

潜在意識に確認してみると・・・。

「音楽は好きか?」⇒「YES」

「楽器は好き?」⇒「う~ん、NOより」

「好きな楽器はある?」⇒「YES」

「楽譜は好き?」⇒「YES」

音楽全般「嫌い」「苦手」と思っていただけに、意外とそうでもないことにビックリしました。

 

そういえば、楽器はいろいろ挑戦して挫折していたなと思います。

一番へたくそな時期を乗り越えられなかったなと。

後、楽譜好きと潜在意識さんは答えてくれましたが、読めませんので、見た目が好きなのかな?

 

音楽は自分にとって、まったく違う領域。

踏んではいけない世界だ!、と思っていたので。

勝手に苦手と思い込んでいた自分に気づけて良かったなと思います😄