簡単な物でも自分で作ると楽しい

作りたい物ができたので、材料を買って作ってみたのですが、見事に失敗しました。

失敗した中にも、成功している部分もあって。

次はそこを活かして改良してみようと思っています。

 

いくら作り方の本や、Youtubeをよく見ても、私の場合、よく分からないんですよね。

なので、最近は良く分からないことは諦めることにしました。

何回見ても、全然分からないからです😅

そして、とりあえず作ってみるんです。

とりあえず作ってみると、その時は失敗しても、得られることは多いです。

心配していた部分は、全然大したことなかったとか。

もっと凝ってみようと思ったけど、そこまでしなくてもいいやとか。

こう書いていたけど、こうしてみようとか。

本当に、ちょっとしたことなんですけどね。

 

失敗している部分の中にも、成功している部分があったりして

その成功している部分を発見すると「後、こうしてみたら何とかなるな」

と、思えて楽しいです。

 

私の場合。

私自身ではなく、「他の人が使う物」を作ろうとすると

こういう場合、怪我をしてしまうのでは?

こういう扱いをしたら、破損する恐れがあるのでは?

この素材とこの素材の組み合わせは問題ないのかしら?

と、かなり慎重になります。

良い意味で慎重になるのではなく・・・悪い方向に慎重になってしまうんですよね。

 

でも、「自分が使う物」を作ろうすると

変なことを考えず「使いたいもの」を素直に作っているような気がします。

見た目は、特に綺麗ではなく、使い勝手も既製品の方が良いものもあります。

ですが、自分にとって十分な物ができます。

 

私は、複雑なものは作れないので、本当に簡単なものばかりですが。

簡単なものでも改変してみたり、新しい使い道を見つけるのは楽しいです。