変わりたいのか、変わりたくないのか

ずっと矛盾した気持ちに悩んでいたようです。

一つは、ぼーっとする生活を変えたくない・・・・という気持ちです。

どんな理由が、あるのか見てみると。

今の自分でいいもん。

動こうとしたら、ずっと続けないといけないのでしょ?

しんどいのは嫌だ。

と、この心は言っていました。

 

そして、その一方に、今の状態を抜けようと思っている自分もいました。

ずっと、ぼーっとしている世界にいるのは、自分の心がしんどい、つらい世界だ。

と、感じていたようです。

そして、現実の私は、変わらない世界を選択して行動していると思っていました。

 

先日、相談会がありました(ライトワーカーの方が有志で参加しているものです)。

そこで

「この会は、別に不参加でもいいのに、なぜ参加されているんですか?」

と、聞かれたんです。

私は、その相談会の中で、今の状態がぼーっとしたいと思っていることや、変化を恐れているようだと話していました。

そして、なぜ参加したのかと聞かれてみて・・・・なんでだろう・・・と、気が付きました。

 

変化が怖いと思っている。

変わりたくないと思っている状態なら、この会でその心境を話す必要はないし。

この場を濁して、形だけで終わっても良かったはずだと。

さらに、別に理由を付けて参加しなくても良かったのでは?

と・・・。

 

自分がそもそも変化したいから、参加していることにも、気付けていませんでした。

この行動しているのは、私の心の光の面だということも、分かっていなかったです。

 

闇に向いている時は、同じ失敗ばかりに目が向いて

変化したいという気持ちに、不安を感じたり。

どうせ、変わろうとしても一時的なもので、私は直ぐに戻ってしまうもん。

と、思ったり。

でも、その気持ちを、この相談会で吐き出して。

自分が闇に目を向けていることに、気付かせてもらえたのだと思います。

表層が何となく感じていることでも、言葉に吐き出して、そして、認識することって大切だなと思います。