ヤダヤダに立ち向かってみる

私の心の闇は正直なのか、闇らしいと言うのか分かりませんが。

周りの方によっては、

・表層の自分では気づけない闇

・自分の闇が読み取りにくい

そういう方もいます。

私は、どうも周りの方から「自分で分かっていると思いますよ」「自分で気付けていると思いますよ」と言われるタイプです。

以前、私自身、闇を隠す(心の闇を保護する・・・なんでやねん)自分がいました。

それによって、本来、闇に気付けるタイミングに、気付くことができず

結果的に他の方よりも、進むべき道をずいぶん遅く歩いていると思います😥

(誰かと比較というより、本来の想定より遅いようです)

それでも、自分は「変わりたい」という気持ちがあることに、前回気づかせてもらいました。

 

そこで、「変わろう」という気持ちと反する気持ちも感じるのですが。

いまさらながら、以前の片付けをしている時に、音心さんが言ってくれたセリフを思い出します。

「捨てたくない。とか、これは後で使うかも。と強く感じるものは、むしろ捨てた方がいい」

という言葉です。

 

これは、私の中にある「変わろう」という気持ちと反する気持ち。

「ヤダヤダ~」と、言っている気持ちと同じなのではと。

それを、むしろ捨てたらいいのでは?

と、気付きました。

 

物ではないので、物質のように、ゴミ捨てにポーイ!とは、できませんが。

自分の中で、「ヤダヤダ~」と言っている言葉は、むしろ無視して。

あ、やればいいのね。

くらいに、思ったらいいのかなと。

 

初め、薄っすら気づいた時に。

「このヤダヤダ言っている言葉って、え?闇?光??どっち?」

「裏の裏をかかれて、闇に騙されそうになってる?」

とか、考えてしまったのですが。

少し自分が自分自身を騙そうとしているとか、考えず。

片付けの時に感じた、感覚で「ヤダヤダ~」と言っていることを、やってみようと思います。