占い師に相談してみたという漫才を見て

ある漫才で「占いに行ってきてん」というネタを見ました😀

A(ボケの方)は「仕事のことで相談しに占いに行ったんよ」と・・・。

B(ツッコミの方)は「その占い師は、お笑いを知っている人なん?

A「しらんよ

B「え?!お笑いを知らん人に相談したの?

A「でも、ズバッと当たっているのよ。俺の性格とか生年月日とか!

B「え?お笑いの相談を、相方の俺やお笑いの先輩に相談はせず、お笑いを知らない占い師に相談したの?

というような内容だったと思います(関西弁が分からない方すみません・・・)。

面白いなー😆と思いつつ、一般的な「占い」とエニのやっている「天界系スピリチュアル」の違いは何かなと、改めて思いました。

運勢は動かせるという体験

漫才を見て、「確かに、占いは運勢とかタイミングなんかが分かるものかもな~」と思いました。

でも、「悪いタイミングに乗った」時点で、そこから悪い流れに向かわないために、どうしたら良いかをエニは考えたいなと、思うのです。

以前「この人~、有名な人なのよ~」という占い師さんに見ていただいたことがあります。

その時に

あなたの今のお相手は相性が良くない

今の会社も、就職したタイミングが悪いから、すぐに転職した方がいい

と、ズバッと言われました。😥

一見具体的なアドバイスにも感じますが、その内容にとても違和感がありました。

今さらそれが分かって、どうなるの?」「なぜ、運勢に左右された生き方しかできないの?」という気持が込み上げてきたんです。

結局、その相手と結婚をしましたし、会社も楽しい職場になりました。

でもそれは、天界を知り、エネルギーの使い方を知り、自分の原因を解決するため行動して、その占いを受けた地点から流れの向きが変わったのだと思います。

ブログでは、詳しく書けませんが、今から考えると・・・そう考えられます。

もしかすると、そのまま変わらない自分だったら、その占い師の言った運勢の方向に向かっていたのかもしれませんよね。

良い流れにのるためには

占いは、これから起きそうなこと、これから出てくる問題など早めに知ることで、それを回避する方法を考えるために出てきたものだと思っています。

エニのやっているスピリチュアルでは、問題を引き起こす原因を確認して、そもそもその方向に行かないために何をすればよいかを見ます。

回避するためではなく、原因を解決するためという違いがあるのだと思います。

実際に行動して思うのは、根本原因を知らずに、ただ「やめる」だけってスゴイ簡単なことです。

単に「やめる」だけで、良い方向に行けるのかというと違うと思っています。

そもそも、自分自身の根本の原因が解決しないと、同じ問題を引き寄せてしまうからです。

勇気をもって「やめる」ことで、良い方向に行く場合もありますが、あくまで原因が分かった上だと思うんです

楽だから「やめる」事実を、積み重ねていく人生より、「行動して変えた」事実を積み上げる人生がいいなと思います。

 

先ほどの漫才でも、

Bが「占い師に、お笑い向いてないから、お笑いやめなさいって言われたらどうするの?」と質問されてAは「やめへんよ」と言うのですが、それでいいのだと思うんですよね。

 

良い流れに乗る方法をちゃんと見て、お伝えしたいなと思います😊