失敗も含めて行動してみる

自分の「やってみたいかも・・・」と感じたことを行動してみたことがありました。

でも、「やってみたいなぁ」という気持ちが、自分のどこから出てきているのか、分かっていなかったと思います。

そして、自分の中にある

失敗したくない

という気持ちが邪魔していたのかもと思いました。

 

表層意識では、「失敗は何度したって問題ないんだ!」と思っているのに(口にさえ出しているのに)

やはり、心の隙では「失敗は怖いことだ」と思っている自分が顔を出すようです。

 

その、心の隙にある自分に気付いて

表層が「うん・・・。君はそうらしいね」と、受け入れる(認識する)ってことが大切なんだなと、つくづく思います。

 

今までの私だと

表層は「失敗なんて怖くない。失敗することで成功に近づけるんだ!」と、言えるんです。

ここで認識していると思えるのです。

表層が言っている言葉のニュアンスには、自分が失敗を怖がっている事実を、拒絶する感覚も含まれていたのだと思います。

失敗を怖がるな!

失敗なんてしてもいいんだ!

と、失敗を怖がる自分は、良くないと、断絶しているような感覚。

ですが、自分の「失敗することが怖い」という気持ちは消すことはできない。

 

そして、「その気持ちは消せない」と分かるだけでもいいのかも、と思えるようになりました。

認識を変えたら、ぱっと変われる部分も、もちろんありますが。

ベトッと、くっついて離れないような部分も自分にある。

そして、そのくっついて離れない部分を認識する。

それだけでも、違いがあるんだなと思えるようになりました。

 

そして、実際に失敗することに出会って、どうなるのか体験することで、くっついていた部分が少しずつ剥がれていくのかもしれません(はがれないかもしれないし)

自分の心が、調子の良い時、悪い時も、認識できるようになれば。

自分自身ともっと向き合って、行動できるようになるのかな・・・。

なんて、思っています。(まだまだ、分かりませんが😅)