仲間はいらない、と思っていたあの頃

仲間がいるというのは、本当にありがたいものです。

自分が間違った方向に行きそうな時に、気づきを得たり。

勇気づけてくれたり。

お互いがどのような目的を持っているのか、分かっているからこそかもしれません。

スピ仲間と出会って「仲間っていいものだな」と感じていましたが、最近はまた違った感じ方を得られたように思います。

昔、私が思っていた『仲間』とは

昔の私の『仲間』という認識は、あまり良いイメージではありませんでした。

どちらかというと、『仲間』がいる人達を弱い人間だと思ったこともありました。

 

当時の『仲間』というのは、

一緒の価値観か、そうではないか

趣味が一緒か、違うのか

など、一緒がたくさんあると『仲間』になるというイメージでした。

そうじゃない人は、仲間ではない。

そんな感じ。

 

例えば

同じ地域の人

その中の、自分の趣味に近い人

さらに、その中の、意見が一緒の人

そんな感じで、集まった形。

 

なので、違う意見は言ったらダメだけど、いつでも楽しそうでワイワイできる。

そういうのが『仲間』で、苦手な意識に反して憧れる意識もありました。

ですが、その感覚はどちらも私の心の弱さが作ったものだと思えます。

良い関係が導く、光の面

良い関係の仲間は

お互いが、お互いを認め

相手の状況や立場を心で感じ取れる

そんな関係なのかな?と、思えます。

なので、それぞれの目的や価値観を理解している関係です。

 

悪い関係だと、闇が深まりますが

良い関係だと、光が大きくなるような気がします。

 

「仲間だから〇〇」「仲間になったら〇〇しないといけない」とか、思っていたことも昔はありました。

ですが、本当に『仲間』と思えるのは、そういう必死な感じではないようです。

自然と集った

そんな感じなんだと思えます。

 

あれだけ、『仲間』に毛嫌いしていた頃が懐かしく感じます。