WebサイトやYouTubeからのコードを跳ね返す

情報収集する時って、何を使っているでしょうか。

インターネットなど利用して、調べたりしないでしょうか。

ですが、調べたいことと関連して、さまざまな情報にも目につきます。

 

エニも、調べものをする時にインターネットを利用するのですが、

普段は気にならない情報も、目に入ってくることってないでしょうか。

 

読んでいるサイトやSNSで表示される広告情報

もしくは、自分の検索内容からの「おすすめ」として表示される情報などです。

 

知らないうちに気になり「見てみようかな」と思う時。

そこから出ているコードの仕業で、知りたくもない情報が表示されていたということがありました。

 

コードとは

コードには、たくさんの状況で起きる場合があります。

他人への自分の想い、自分の欲求、自分の願望などを、他人に飛ばしている状態のことだと考えています。

そして、ここでは、WebサイトやYouTubeなどから出ているコードについて書きます。

 

例えば、WebサイトやYouTubuのコードは、

「たくさん稼ぎたいから、たくさん見てくれ~」

「何度も読んで(見て)、広告収入を手に入れたい。だから読んで」

「他のサイトに行かずに、離れないで欲しい」

とかです。

 

ここで共通しているのは、

自分のために、相手をコントロールしようとしている点です。

 

別に有益な情報ではないのにも関わらず

「なぜかクリックしてしまった」

「なんか気になって、長い時間見てしまった」

ってことはないでしょうか。

 

エニの時は、「あれ?午前中だと思っていたのに、もうお昼過ぎてるやん」時間の感覚が分からなくなってしまったことがありました。

そういったコードには、本人が意識的にしてやっている場合や、

本人の意識とは違ってしている場合があり、どちらも優劣はなく注意が必要です。

知らないうちに見てしまったYouTubu

エニが体験したのは、YouTubeからのコードでした。

 

当時のエニは良くインターネット検索で、まとめサイトなどを見ていたのですが、

いつの頃からか、検索した情報をクリックするとYouTubeに繋がっていて、

そのうちに「ダラダラ流しながらでも見れるYouTubeは楽だな」と思うようになっていました。

 

そのうち、スマートフォンに通知が来るようになり、

ピコン ピコン と、毎日数件は来ていたと思います。

そのうち、通知されてくる中からも、見るようになっていきました。

YouTubeからコードを刺されていた

当時、エネルギーワークを学んだ頃でした。

その時に、「特にお気に入りとか登録している訳ではないのに、YouTubeからいらない通知がくるんですよね」と話ていたのです。

その頃は、ほとんどYouTubeは見なくなっていたのですが、まだ通知は来ている状態でした。

 

YouTubeのホーム画面や通知は、自分の見ている内容と関連しているものが表示をされます。

スピリチュアルを学ぶ前は、スピリチュアルをインターネットでよく調べており、

YouTubeもスピリチュアルやオカルトの内容を見ていたことで、それに関連する内容がYouTubeのホーム画面に多く表示されている状態でした。

 

ペンジュラムで確認してみると、コードが刺さっていることがわかり、エネルギーでコードを抜くことをしました。

そして、また通知が来ないようにと考え、直ぐにYouTubeの設定も変更したんです。

 

ですが、それでもYouTubeからの通知が止まらず

「え?設定とか変えたのになんでやろ」と、凄く不思議でした。

黒い物体にほっぺたをつつかれる

それから数日後のある夜、私が寝ようとすると、急に家の廊下の映像が見えました。

「ん?何かな?」と思い、じーっとその廊下の映像を見ていると。

急に、全体が黒く髪の長い、首から両腕がはえているような物体が、その廊下を

ダダダダダダっと、両手で走ってきました。

そして、私の寝ているところまできて、私のほっぺたをツンツンとして消えたのです。

 

エニは怖くなって目を開けたのですが、その物体が近くにいる雰囲気はすでに消えていました。

何度もコードを刺そうとする

たまたま、その後すぐに、この話をする機会があり、

「こんな夢をみて、気持ち悪かったんですよね」と話したところ

「ほっぺたをツンツンってされたんですよね・・・、それって気を引こうとしていません?」

と言われ、

「そういえば、なんか気味の悪い画像があったんですよね」

そして、「設定を変えたのに、まだYouTubeからの通知が来るんですよね。」

と話をしていました。

「それYouTubeからのコードのようですね。

また見てほしいから気を引こうとほっぺたをツンツンとしたんじゃないですか?」

と教えてもらいました。

 

YouTubeからのコードは取っては付けられ、付けられては取ってを繰り返している状態だったことが分かったんです。

エネルギーを調整することで変化が起きる

コードを刺さっている場合は、ある方法で取ることができるのですが、何度も刺しに来ている状態だったので、エネルギーワークを使い防ぐことにしました。

エネルギーワークで、きちんと拒絶をおこない、過去の書き換えなど実施しました。

すると、次の日からピタッとYouTubeからの通知はなくなりました

 

ついつい、WebサイトやYouTubeの作成者は「誰かに見てほしい」という気持ちを込めてしまうものです。

ですが、その気持ちに「相手の興味に関係なく、自分のお金のために」という想いが入っていればコートとして飛ばしてしまう一因になるのだと思います。

 

中には意識的に、他人を操作するためのエネルギーを込めてWebサイトやYouTubeを作る人もいます。

そして、エネルギーワーカーでなくても、想いが間違った方向であれば、コードを飛ばしてしまうのですよね。

一方、飛ばされた方としては、「また見よう」となってしまい、

エニの場合であれば「少し見てみようかな」

見終わってから「あぁ、また見てしまった・・・時間を無駄にしたな」

という気持ちの繰り返しでした。

「気に入っている」は本心なのか

ここでは、Webサイトや、YouTubeを例に書きましたが、それ以外にも様々なものにコードはあります

自分がお気に入りだと思っていた中にも、コードが刺さっている場合もあります。

 

そんな、自分の思い通り(コントロール)にできるからと、うらやましいものではありません

では、なぜコードがダメなのかというと、人をコントロールすることは、カルマを作りだしているからです。

そのカルマは必ず本人に返ってくるようです。

 

そして、刺された方は、他人に自分の意思をコントロールされている状態。

違う言い方にすると、知らない人の道具になっている状態なのだと感じます。

 

コードを刺す方も刺された方も結局は幸せにはなれないんだと思います。

「どうしてこれが良いと思うのか」と改めて自分自身に確認してみても良いかもしれません。

本当に必要なものかを判断すること

Webサイトだから悪い、YouTubeだから悪いという訳ではありません。

プレゼントなどの物にもコードがついている場合もあります。

コードのようなエネルギーを使わなくても、魅力的なものはたくさんあります

 

今は、通信技術が発達し簡単に情報を得ることができる反面、

見えないところからの影響は、簡単に受けてしまうのだと思うんです。

なので、見えないエネルギーからも自分の身を守ることは大切なのだと感じます。