声援は力になるを体感

今年に入って、体を動かすことを意識して日々過ごしています。

そして、新しいスポーツを始めて、2か月が過ぎました。

体型の変化も感じています。

一人でモクモクとやっていたのですが、知らないうちに顔見知りの人も増え。

なので、改めて自分の心の光と闇を意識しています。

私の場合、たくさんの人とワイワイするのは闇が出やすいので

「あ、この感覚はヤバい」と思ったら切り替えるようにしています。

 

ですが、周りからの声援は不思議なもので

その声で、できなかった課題が急にできたりするんですよね。

 

グッと力がいる場面で「うぅ、きつい・・・」とあきらめてしまう所も

声が聞こえると「いや!こらえたらできる!」と思えるんです。

 

何度やっても、上手くできなかった課題でもです。

今までスポーツ経験があまりなく、試合というのもプレイヤーとして体験したことがありませんでした。

今回、自分がプレイヤーとして体験することで、声援って不思議な力が出るんだなと思ったんです。

 

そして、声援がないと次からできないという訳ではなく。

一度できるようになったら、できた時の感覚が体にあるので反復することができるんですよね。

 

声援って本当にありがたいものなんですね。

 

私の場合、声援でも届く時と届かない時があります。

見てくれないと寂しいな

どうです、できてます?

(他には「恥ずかしい」とかもあるかなと思います)

みたいな感覚だと声援があっても届かないです。

ですが、

あと少し

さっきよりもできるような気がしてきた

という時に、声援があるとグッと力が出るんですよね。

 

何が違うかというと、向き合っている面が違うんだなと思います。

届かない時は、自分に集中している

届く時は、課題(目の前)に集中している

 

 

届かない時は、声援がずっと聞こえてる感じで、

届く時は、必要な時に声援が聞こえる感じがしています。

 

 

同じワイワイと言っても、自分の心で変わるものなんだなと思いました。