無人島へ行った時の話

前から書こうと思っていた、無人島へ行った時の話を書きたいと思います。

といっても、最初に言えることは・・・。

私にとっては、特に「何も思わなかった」です。

どういうことかと言いますと

無人島というより、行った時は、人が多く・・・有人島・・・。

「え?めっちゃ人いる」

が、開口一番でした。

島自体も、本州から近く・・・町が見えてる・・・でした。

ですが、その中でも気づきはありました。

それは、私は海ではなく、なんとなく森の方が気になるです。

 

私にとって森には、何か意味があるのかもしれません。

まだ、その理由ははっきりしていませんが。

何か分かる時が来るかもしれないなと思います。

 

そして、無人島なのですが・・・。

管理者が誰もいないからなのか(それだけではないと思いますが)

こんなに騒がしいものなのかとビックリしました。

たまたま、私が行った時が、団体の方が多かっただけかもしれませんが。

深夜もずっと大きな声でワイワイしている人が多かったです。

その中でも、ソロキャンプを楽しんでいる方、家族で来ている方もいました。

 

今回は、森の方が気になると思ったわけですが

また、海の方は再チャレンジしたいと思います。