運動音痴でもいいじゃない

体を動かすのが好きと書きましたが、私は『運動音痴』です。

体は固くて可動域が狭いですし・・・。

他の人ができることもできなかったりします。

ですが、自分は自分だと受け入れることで本来あった「体を動かすのが好き」が出てきたような気がしています。

 

今の私は

体力や技術で競っていない

体を傷めないように、丁寧に体を動かす

そのことを意識しています。

それもあってか運動に対して自分の中にあった偏見が取れてきたように思います。

 

そして、他のスポーツもやってみようかな・・・、と思えるようになりました。

 

以前よくあった、スポーツを始める前や、始めた時に思っていたのが

・〇〇だから嫌

⇒寒いから嫌、痛そうだから嫌、恥ずかしいから嫌

・〇〇だからやめとく

⇒〇〇さんが苦手だからやめとく、他にやりたいことができたからやめとく

・・・・よくもまぁ・・・こんな風に思っていたな・・・、と自分でビックリですが思っていたんですよね。

 

最近の私は

寒いから嫌 ⇒動いたらけっこう温かくなるよね。

痛そうだから嫌 ⇒痛くなったら休憩しよ。

恥ずかしいから嫌 ⇒下手で当然や。

〇〇さんが苦手だからやめとく ⇒まぁいいんでない

他にやりたいことができたからやめとく ⇒楽しめることが増えるな。

という変化が起きている気がしています。

 

昔やったことのあるスポーツで、怪我をして怖い想いをしたことがあったのですが

今なら違う意識で同じスポーツができるような気がしています。

 

なんでこんなに気持ちが変わったのか不思議です。

季節によって楽しめるスポーツもあるので、いろいろ満喫してみたいと思っています。