「やった」「やらなかった」に振り回されない

現在、筋肉痛です。

休憩しながら運動したのですが、筋肉痛になってしまいました。

これは、効いているからなのか。

今の自分にあってない運動をしているのか。

まぁ、両方のような気もしますが、ぼちぼち運動をしております。

 

今年の初めは、外で運動をしていたのですが

今は、家の中でできる運動です。

いちよう、見本を見ながらやっています。

やっている間は

これ本当に効いてるのかな・・・?

と疑問に持ちつつやっているのですが

簡単な運動が続いているのに、数分経つとゼイゼイ。

1ターンの運動が終わり、心拍数を計ると「軽い運動」程度なので

こんなに、しんどいのに!なぜ?!

と、一人でビックリしています。

 

今の自分は、しんどいという感覚と、体の感覚に隔たりがある。

ということかなと思うので

その感覚を近づけていけたらないいなぁ、と思っています。

 

それにしても、本当に体力がなくなっているんですよね・・・。

まぁ、体を動かすことをほとんどしていなかったので仕方ないのですが。

 

以前は

「体力ない!」⇒「やばい!」⇒「運動しないと!」⇒「うぉーーーー」⇒「しんどい」⇒「無理」⇒「やっぱり続かない」

という流れだったんですが。

「まぁ、アスリートでもないし。ボチボチやればいいやん」と、思えるようになって

自分の面に目を向けられるようになったと思います。

 

私の場合は、極端な面(闇)が、邪魔していると思います。

よくあったのは、急に動こうとしてしんどくなって挫折

自分なりに工夫をして、できることから少しずつやろうとしてもできませんでした。

それは「やった」「やらなかった」という二つの判断だけになっていたからだと思えます。

「やった」時は、喜んで。

「やらなかった」時は、悲しい。

そんな感情に振り回されていたんだろうなと。

特に「やった」時は凄く喜んでしまいます。

なので今の私は、なるべく「やった」時の気持ちに踊らされないように意識しています。

 

今はまだ「やった」「やらなかった」に踊っているところがあるので、

そんな自分がいたら、「そういう自分が出ているな」と気付くことから始めようと思っています。

自分で自分の感覚に気づけるだけで、気持ちが軽くなるものですね。