試行錯誤している中で気付いたこと

以前購入した水晶があります。

小さいサイズのものなので、なんとなく身につけたいとずっと思っています。

こういう風にできるかな?どうだろう?と触ったりしています。

今のところ、良いアイデアは出ていません。

 

針金を使ってみたり、粘土を触ってみたり。

これではないなぁ。

これだとダメだな。

という感じで、試行錯誤中です。

 

ですが、今までだと「やったことないし・・・。無理だ」

という気持ちが先に出ていたのですが

「失敗してもまぁいいや」という気持ちになれていることに、自分自身驚きがありました。

 

『失敗は成功のもと』ということわざは理解はできるのに

いざ、自分が当事者になると「失敗すると邪魔くさいな」「失敗したら、材料がもったいないな」という、良く分からない言い訳が大きくなって

いつからか「失敗するのは楽しくない」という感覚になっていました。

 

ですが、ふっと今の自分を振り返ってみると

「失敗したってことも、楽しいな」という感覚が、なんとなく分かる気がする。

と、変わってきていることに気付きました。

 

たぶん、元から自分の心では、「失敗しちゃった、あはは」という声を発していたのですが

とても小さい声だったのか、気付くことができずにいました。

むしろ、失敗するともう一度やり直すの邪魔くさい、が勝っていたんですよね。

今は、小さな変化でも、自分の心が感じられるというのは嬉しいものです。

 

行動していくと、自分が思ったようにいかなかった事で、失敗と思えることも起き

自分には合う合わないも出てくるかもしれないけど

なんか、それ自体が楽しみというか。

自分の心を知るうえで、何か気づくことがあるって有難いなと思います。

 

とりあえず、今アイデア出しして試行錯誤中のものは

またブログに書きたいと思います。