顔が大きくなったり、小さくなったり

以前ブログで私の子供の頃、顔が大きくなったり、小さくなったり・・・。

その日によって変わるという話を少し書きました。

 

その後、思ったのですが・・・。

顔(頭の部分)が大きくなる時って、考え事をしている時なんです。

そして、その考えている内容って、将来の希望的観測の時。

そんな時が多かった!と、気づきました。

 

子供の頃の私は、夜に・・・・。

明日良いことないかな~・・・とか。

大人になったら、こんなことできるようにならないかな~・・・とか。

そんな夢(妄想)を見ていました。

実際にその夢に向かって行動する訳ではなく、本当に頭の中で想像して完結していたんですよね。

 

今から思うと、頭にエネルギーが集まって膨張していたのかなと。

だから、頭が大きくなる(見える)。

私の親や周りの人は、別にエネルギーに敏感な人ではありません。

ですが、頭が大きく・・・顔が大きく・・・見えているんです

それが、日によって違うのだから驚きます。

 

物理的な大きさはもちろん変わってないのに、毎日頭や顔の大きさで驚かれていた原因が、今になって気づきました。

 

「無駄な考え休むに似たり」と言いますが・・・。

目的を達成するために考えている、次の行動に行くために考えている。

そういう訳でもなんでもないのなら、休む方が良いくらいです。

ちなみに、頭に溜まったエネルギーは、変な方向に行くから厄介ですねん。

 

自分の中にあるエネルギーは、自分の体を動かすために使った方がいいですね。

妄想するために自分の中のエネルギーを使うのは、本当にもったいない!

 

もし妄想をするようだったら、さっさと寝た方がいいのかもしれません。