一人で溜め込む必要はないのだと

人の気持ちって、1+1=2ってならないなって、つくづく思います。

答えは2だとしても

1+(-1)+2だったり

3-1だったり

いろいろあるからです。

結果だけを見ても分からないなって思うんです。

それに、答えの2になる道筋は、いろいろであっていいわけで。

そのいろいろな方法に目を向けられるかが大切だったりするな。

そんなことを思います。

だからといって、方法ばかりに目を向けすぎてもダメやなと。

 

方法を意識して、「〇〇をした方がよい」って思って、〇〇になったり。

〇〇が○○しているから、〇〇してみたら、〇〇になってしまったり。

一人で理解したつもりでも、思いもよらない方法が良かったりするものです。

 

なんでも、自分で頑張ろうと思うのは、良いのかもしれません。

良い一面もありますが、それだけではないのだと。

他の人に相談することで、早く解決して

前へ進めることもあります。

 

溜め込んでいる言葉

溜め込んでいる感情

これらを溜め込みすぎると、体調も悪くなるものです。

だからって、やたらめったら吐き出すことが良いのかというのも違う。

吐き出すことで、自分に変なのが引っ付いてくることもあり。

後で後悔することもあり。

 

正解は、あってないような

それでも、あるような。

あいまいであるにも関わらず、はっきりしている。

そんな感じ。

 

たくさんの人が集まればそれだけ複雑になるのは当然で、

だからこそ

『行動する』

という選択肢があるのは、救いだと感じられたりします。

 

『時間』

も、同じで・・・。

 

必ず『結果』は出てくるのだと。