【内容発表】直感トレーニング_Vol.2

2回目の直感トレーニングの内容です。

ご回答くださった皆さま、ありがとうございます。

直感トレーニングの内容発表

今回も皆さまからのコメントをまとめたいと思います😄

セシルファさん

ゆったりのんびりとくつろいでいる感じ。

お前さんも一緒にどうかね、と誘われているような感じがした。

ゆきさん

何かのタイミングを見計らっているような感じ。

「まだかな~?」と、見つめている感じ。

サクルさん

絵から感じた事は、突然の変化のおとずれ。

その変化がチャンスなら必ず掴むだろうし、トラブルなら適切に対処できると思った。

アンテナをきちんとはりつつも、力まずリラックスしていたから。

だから、次の行動が敏感にできる、そのような感じ。

メタさん

なぜかわからないけれど、人間のような感覚があり、絵のモデルさん?のような雰囲気を感じた。

言葉で表すと、「まだかかりそう?」的な雰囲気。

ありがとうございます。

一回目よりも、内容がいろいろあって、こちらが勉強になりました!

描いている時にある気持ちの感覚を大きくして描いているつもりです。

ですが、描いている時に別の混ざった感覚も伝わっているんだなと知ることができました。

どんな心(気持ち)を意識したのか

結論から書きますと、

「母ネコが子ネコを待っている」

母ネコの目の前に、子ネコがいるイメージでした。

 

コメントの中に・・・。

誘われている

まだかな?と見つめている

というのは、ましく、この「子ネコ待ち」やからかなと思いました。

 

アンテナをきちんとはりつつも、力まずリラックスしていた」と感じたのも

母ネコが子ネコの様子を見ているという点では、なるほど~と思いました。

 

他に、

人間のような感覚

と書いていただいたのは、私がこの『母ネコ』の意識から『母親』の意識にずれてしまった感覚を受け取りはったんや!と、ビックリしました。

なので、

モデルのような」というのも、私が、この母ネコの感覚が不十分で、映像を見て描いているような感覚だったからかもと、とても納得のコメントをいただきました。

 

最後に直感トレーニングについて

心!と思うと、難しく考えちゃうかもと思うのですが、どうでしょうかね。

私の描いている時の気持ちや感覚が、絵には出ているはずです。

どのような形で出ているのかに着目してもらえると良いかなと思います。

(でも、考えるとダメです)

そして、それを言葉に置き換えてみる。

というのが、トレーニングとして良いかなと思っています。

 

ブログで、心の「光」「闇」について、けっこう書いていますが、その点を意識するのとは、ちょっと違うのが、この直感トレーニングだったりします。

 

結果的に、「光」だったり「闇」だったり

「心」「気持ち」「感覚」だったり。

そういった点をキャッチできるようになるのではと思っています。