心に光も闇もあるのが当たり前

心の光と闇と言われると、とても特別なもののように感じていたことがあります。

心にある光、こころにある闇

どんなんだろう・・・・。

心にある光は、凄そう。

心にある闇は、めっちゃ恐ろしいのかも・・・。

なんて。

 

当たり前のように、誰でもあるのですが・・・。

特別なものの様に思った頃もありました。

 

こんな言葉を口にする人はいませんか?

本当の私は、皆が思っているような優しい人間なんかじゃない

とある芸能人が昔、口にしていたことを思い出しました。

 

周りから見られる自分と、自分から見る自分とのギャップに苦しんでいたのかもしれません。

 

言われていることを、全てやりこなそうと力を入れると、できないものです。

どうしてかというと、それもまた闇だからです。

心の中で葛藤がある時は、闇VS闇の関係の場合もあります。

 

本当の自分は、もっと怖い人間なんだぞ~」って誰も望んでいないのに、そう見られたいと思ってしまうというのは、

闇VS闇で、どっちかの闇が勝っただけの話なんだろうなと思います。

 

それじゃ、光は・・・・。

光は、とてもサラーっとしているので、気にしないかもですね。

へ~・・・・。そうなんだ・・・・。

それだけ。

ただ、人によって感覚が違うので、少し違った反応はあるかもしれません。

 

私の場合は、力まない感覚が近いので、光の状態でいる時は、VSの構造に入らないと思えます。

一見良さそうな「気合い」というのも、私は違うみたいなんですよね・・・。

気合いはあっても、力まないというか。

余裕があるけど、ゆるまない。

そんな、感覚です。

 

自分の心の状態を、言葉にしようとすると、直ぐには無理かもしれません。

初めから光が強い人もいるのですが、私の場合は時間がかかりました。

スピ仲間の言葉が、じょじょに分かってきて。

何かのきっかけで、「あっ!!」と気づけた。

そんな感じでした。

 

周りの皆からすると、「前から言ってたよ~」かもしれません。

それでも、自分自身が光の面に目を向けることができたことが、大きな収穫だなと思います。

 

自分の心の光に気づいて、それを意識することが、どうして重要なのか。

それは、人生の選択が物語るのだと思います。