その人によって「本来の力」は違う

皆、一人ひとり違いがあり。

そして、良さがあります。

以前の私は、この言葉を聞いてもピンっと来ませんでした

言葉としての意味は分かっても、それだけでした。

 

誰々さんは凄いなぁ。

私もあんな風にできたらいいのに・・・。

こんな風に、周りの人を見ていました。

 

自分も誰々さんのような、同じことができるようになりたい!

とか思い、自分を大きく見せようとすることもありました。

(本当は、大きい小さいはないのですが)

 

相手をうらやましく感じるというのは、相手の良いところを見ているようにも思いますが。

「うらやましい」と感じる心の底

ただ周りの反応をみて判断しているようでした。

 

誰々さんがいると、華やかな雰囲気になるとか。

誰々さんは、仕事が早くて正確だから頼もしいとか。

そんな言葉を聞いて、うらやましいと思って。

自分も同じようになりたいと思ってしまっていたんです。

 

ですが、本当は

それぞれ一人ひとりが何かの役目があり、特徴があります

 

なので、目立つべき人は目立つし。

目立つべきでない人は、目立つことはありません。

 

これを私は、なかなか理解できなかったわけです。

今となっては、とてもバカなことを考えていたなぁと思います。

 

2020年7月18日、19日とイベントをします。

そこでは、メンバーそれぞれ全く違う特徴のメニューを出します

少し前までは、私がアナログゲームを企画するなんて考えもしなかったなぁ~。

 

心の光の面で、見てみると分かるようです。

自分の光の面で動く力

その力に合った自分の行動

 

これからも、たくさんの方と出会うと思いますが。

その人、一人ひとりの、本来の力を引き出せれたらな・・・。

と、思います。

 

これから先、もっと変化が起きそうです。