【表層意識と光さん】物に当たってしまう人について

動いているエニ⇒表層意識

内側にあるエニの光の面⇒光さん

両方エニなのですが、以下より、表層意識と光さんの会話の様子です。

物に当たってしまう人について

表層意識:何か伝えたいことがあるってペンジュラムで出たんだけど何かな?

光さん:やさしさ(光)はそこにあるのって。

表層意識:突然すぎてよく分からないけど、どういうこと?

光さん:その言葉にやさしさ(光)はあるのかって。

表層意識:え?今私が突然聞いた言い方?

光さん:違うよ。

表層意識:別の人のことなの?

光さん:そうなの!

表層意識:え~。急にそれ言われても意味が分からないよ~。

光さん:うーん。さっきからね。

家の外から地面を蹴るような音がするから・・・。

表層意識:え!怖いこというのやめてよ~。

聞こえているけど、聞こえないようにしてるねん。

光さん:例えばさ、怒りで物に当たってしまう人っているやん。

表層意識:それだと、その行動にやさしさはあるのってことじゃないの?

光さん:自分の気持ちが伝わらないと思い込むから、行動を引き起こしているのかなって。

もし、自分の発した言葉にやさしさ(光)があれば、気にすることはないのにって。

表層意識:それは、言葉で伝わらないから、イラっとして物にあたっているということ?

光さん:本当は、物に当たる人も、そうしたい訳ではないのだけれど。

分かって欲しいという欲が勝っちゃうんだろうね。

表層意識:・・・そうかもね。

光さん:今、外の音を聞いてそういう人を思い出したの。

伝わってほしいという欲よりも、自分から発する言葉の意図に意識をすればいいのにって。

光ある言葉は、直ぐに伝わる場合も、伝わらない場合もあるんだもん。

表層意識:実際に物に当たらなくても、分かってほしいという欲は出たりするよね。

光さん:結局は、そういった欲で傷つけているのは自分自身だからね。

それは、後々ボディーブローのように効いてくるから。

自分の言葉が、光であるなら、問題ないのよ。

伝わってほしいという欲なんて出さなくていいのよ。

表層意識:言葉が闇だったら、そもそもダメよね。

光さん:それは、また別の意味で問題よね。

表層意識:その伝えたいっていう欲を解決するには、どうしたらいいのかな?

光さん:まず、そんな気持ちが自分にあるっていう自覚をしないとね。

表層意識:それから?

光さん:その欲と向き合って、原因を探らないとね。

表層意識:原因を探るってなると、慣れている人だといいけれど、一人で解決させるのは難しいよね。

光さん:まずは、そういう欲があると自覚するだけでも違うと思うの。

だって、自覚すること自体、拒絶する人もいるからね。

表層意識:私も悪い状態の時は、拒絶する自分がいました。はい。

光さん:その拒絶の感覚も分かるといいのだけど。

人によっては、拒絶の出方も違うようだしね。

表層意識:自覚するか、しないかが、一つの解決の糸口になるんだね。

光さん:まずは、そこからだね。

 

表層意識:・・・っていうか、外から聞こえる音は本当になにかね。

光さん:・・・。

表層意識:この音って人が出しているの?

光さん:違うと思うよ。

表層意識:なんか変なエネルギーとか?!悪意があるエネルギーとか?!

光さん:違うと思うよ。

表層意識:違うの?!自分のところに入ってほしくないから、結界とか浄化とかしてんけど!

光さん:大丈夫、気にしない、気にしない。

表層意識:そこは、気にしなくてもいいのね・・・。