癖や習慣を直す時に気づいたこと

癖を直そう、悪い習慣を直そう、と昔から悪戦苦闘していたのですが。

最近は、あれ?そういえば・・・。

という感じで、癖だったことを忘れている時があります。

なぜ、悪癖は、なかなか取れないのかなと思っていましたが。

取れてしまうと、スッキリサッパリですね。

 

私の場合「この癖を直そう」と思っている時は、直りませんでした。

というのは、「この癖」と意識しているので、どんな癖なのか頭に浮かぶんですよね。

でも、初めは「この癖をやめる」ってはっきりしないといけない部分もあり。

この強弱というか、火加減が難しいなと思います。

 

また、いつもと違うところから、アプローチしてみると。

あれ?一緒にあっちも直っちゃった。

みたいに、癖や習慣が改善されたこともありました。

 

ずっと悩んで、苦しかった割に、直ると「あれれ?こんなもん?」みたいな感覚なんですよね。

だから、あの時は、なぜそんなに執着してたのかな、と思います。

 

一番最近では・・・。

自分自身(光)に謝ったことで、何か吹っ切れたころがありました。

これは、行動というより、エネルギー的な見えない面でやったのですが。

自分を裏切るなんて、もってのほかだ。

という感覚になりました。

 

それは、スピ訓練の時(私が一番時間がかかったのですが)。

私は自分自身をどれだけ裏切り続けていたんだろうと。

裏切っていたことで、こんなことが起きていた・・・とか。

あんなことも、起こっていたのか・・・・

全部それは、私自身が私を裏切り続けていたからか!

と、感じたというか、分かりました。

 

そして「この癖を直す」とか、「習慣を改善する」とか、そういう意識がペリっと取れた感じでした。

そんなことを考えている場合じゃない

という感覚に近いでしょうか。

 

だから、初めに止めるぞっと思った後も、「この癖を直す」とか考えている間は、時間がかかったのかもしれません。

それは、まだ自分の中に余裕がある状態だからです。

「この癖を直す」・・・できたら、こうなるから、頑張ろう

「こういう習慣を身につける」・・・できたら、こうなるから、やるんだ

本当に直す時は、そんな考えが出てこず。

ただただ、自分に承知しました!って感じです。

 

癖や習慣を直す時に、私のような切羽詰まった状態じゃなく、できる人もいます。

ですが、簡単に直らない「悪癖」や「悪習慣」には、きっと原因があり。

私のように、自分自身を裏切っている場合もあれば、別の場合もあるのではないかな、と思います。