結婚7周年を迎えました

先日結婚7周年を迎えました。

男性とお付き合いしても、長くて2年だったので、私にとったら、最高記録更新中です。

 

昔の私は・・・・。

私は、一人の人と、長く一緒に居られるタイプではないんだ。

私と合う人は、今後出会わないだろう。

そんな風に思っていました。

周りが結婚する中、自分は結婚しない理由を見つけたかったのだと思います。

 

当時の私は、相手を選ぶ基準も作っていました。

こういう人がいいな。

こういう人が表れないかな。

とか。

そして、消極的ではなく積極的に、好みの男性へ話しかけるタイプでした。

今から思うと、・・・・とても恥ずかしいです。

 

以前に、結婚についてブログにアップしたことがありましたが、それから少し感じ方が変わったような気がします

 

私の夫との出会い方や、付き合うキッカケ、そして結婚することになった流れなど。

思い返してみると、何も考えてなかったような気がします。

なので、積極的に「結婚してみる?」とか「これからのこと考えてる?」とか聞いたことはなかったです。

 

当時の私は、心の闇が強く。

これでもか、これでもかと夫を攻撃していました(これは、本当に申し訳ない)。

ですが、いつもヒラリとかわされる、という感覚がありました。

夫の心の光が強いのか・・・というと、そうではないと思います。

ですが、いつもそばに居て、空気のような感覚でした。

 

それまでの私は、相手のことを意識しすぎて

こうしてあげなくちゃ(嫌われるかも)

相手のタイプに合わせなくっちゃ(他の人のところに行くかも)

そんな風に、相手の顔色をうかがって、ビクビクしていました。

なので、付き合っていても楽しいより、とても辛い気持ちになることが多かったです。

そして、相手にもその変な気持ちが伝わって、別れていました。

 

当時、夫に空気みたいと言った時は、「え?!」と驚かれましたが。

今から思うと、必要以上に相手のことを考えない関係で良かったと、思えます。

 

相手の気持ちを考えて、思いやりを持って接するんや」と、言われたことがありますが。

必要以上に相手のことばかり考えていると、相手にとったら重いエネルギーを押し付けられているだけで、思いやりには程遠くなるのかもしれません。

なので、本当の意味で、「相手の気持ちを考える」というのは、とても難しいことだと思います。

 

私の場合は、こんな感じでしたが。

もし私のように、相手の気持ちを必要以上に考えてしまうなら。

考えることを止めてみるのも良いかもしれません。

そして、相手の気持ちではなく、自分の気持ちに目を向けてみる。

そして、相手のことが好きとか嫌いとか、そういう観念以外を見つけることが、大切なんだろうなと、思います。