トモ様からのお題「夜明け」を描いてみました

トモ様から頂いた「夜明け」を描いてみました。

私は、実際に「夜明け」を見たことがありません

なので、夜明けの時間帯って何時頃かな~?とか、思うところから入りました。

心のスケッチとしてYouTubeに描いている様子をアップしております。

よろしければご覧くださいませ。

お題の「夜明け」を描いてみて

初めお題を見て

ふむふむ。夜明けですな・・・。

前向きなイメージになるのかなぁ。

と、思っていました。

 

暗いところから、明るい光が出てくる

自分の気持ちが解放された感じ

とか、そんな前向きさがある感覚としてとらえようとしていました。

ですが、私にとっては、どれも違う感じがしました。

 

たぶん、今まで聞いたこと、読んだこと、そんなものが入り混じったことで

「夜明け」という言葉自体に意味を持たせて

それを描こうとしたことが、原因なのだと思います。

 

聞いたことも、読んだことも、私自身が感じたことではないな。

誰かの感覚を借りて得たものだなと思いました。

 

なので、私自身は「夜明け」ってどう思っているのだろう

というところから入っていきました。

 

そこで気付いたのが、

実際の私は、「夜明け」を目にしたことがないということ。

ですが、体は「夜明け」を体験したことがあるということ。

 

私の体にとっては、夜明けの光を感じとって起きていたようです。

それに気づいて「夜明け」の感覚が分かったような気がします。

こんな絵に仕上がりました

トモ様より「夜明け」

原っぱで寝ているイメージから

あ、もう朝になるんだな・・・と、体が目覚めようとしている

そんな感じで描きました。

描いてみて思ったこと

以前の私は、

暗い色を使う時は、暗い部分が悪目立ちしていました。

そして、明るい色も、暗い色を目立たせるために使っていました。

その色はどれも自分の心の闇(欲)を強調するために使っていました。

 

心の闇の部分って、闇だからこんなものとは一概に言えない時があります。

自分が長所と思っているところが闇の場合もあるようです。

人は知らず知らずに、自分の長所や短所を主張しよう行動してしまうのかもしれません。