闇の中から光を感じるとき

闇の中で光を感じる

直島にある家プロジェクトの南寺。

ここに、ジェームズ・タレルの作品があります。

ここで、闇の中に光を感じる体験ができます。

体験した時を思い出すと、今でも驚きとワクワクした感覚が蘇ります。

 

人の心にも光と闇があり。

もし、自分の心が闇で覆われていたとしても必ず光は見つけられる。

なんとなく、その感覚と似ているのかな?と思っています。

 

ですが、光を探そうとしないと、見つけられません。

闇の中でもがく時も、これは光なのか?光じゃないのか?

ゆっくり手をのばして感じようとして

そして、光を感じた方に、足が進む。

 

人と接する時に、光が大きな人と話をするとやる気が出ると、ブログに書きました。

それは、その人の光に触れ、無意識にその光に導かれるからだと思います。

 

そもそも、闇も光も両方を知っているのが人です。

真っ暗な世界ではなく、やわらかい光の世界に行こうとするのは、本能なのかもしれません。

闇も存在することで、光との違いを感じれる。

 

心の状態は、声や文章、雰囲気、全てから感じられます。

そして、何が自分の光の声なのか、闇の声なのか?

両方を知ることで、もっと気づけることが増えるような気がします。