坂道はどんな道

今日起きてボーっとしていたら、フッと頭の中に『イノセントワールド』の曲が浮かんできました。

世代といえば世代なんですが、あまり歌詞を知らなくて検索したところ

目に付いた歌詞は『陽のあたる坂道を登る』という一文。

きっと綺麗な坂道だろうな・・・と思いました。

 

今まで『坂道』と聞くと

体力奪われそう・・・、しんどいだろうな・・・、ゼィゼィ言ってる自分が目に浮かぶぜ。

なんて思っていたことに気付きました。

 

陽があたってる坂道とか、早朝かな?夕焼けかな?でもどっちも綺麗なんだろうな。

坂道から見える風景って、けっこう遠くまで見えたりするよね。

なんて、イメージが上がってきたんですよね。

その景色を私は知っているのかな?と思った時。

そんな気持ちでは、まだ坂道を登ったことないなと、思いました。

まだまだ知らない世界っていっぱいあるんだと思えたんです。

ただ、坂道なんですけどね。

 

私が坂道を登ることを、ただつらいことと捉えていたように

綺麗な側面に気づかず『つらい』ことって思い込んでることは、まだまだありそうだなって思いました。