恋のおまじないって、ちょっと怖くないですか?

小学生のころ、おまじないが流行っていました。

どんなやつがあったか、今はほとんど覚えていませんが、満月の日に絹の赤い糸を腰に巻くとか、〇〇を唱えながら、気になる相手を見るとか😅

意味が分からないものから、なるほどと思えるものまで。

当時は楽しくを読んでたものです。

“おまじない"って

いろいろ願いを叶えるためのおまじない。

その中でも定番は、恋のおまじないでしょうか。

「意中の彼に、自分の気持ちに気付いてもらう」

「好きな相手と両想いになる」

とかかな・・・。

 

そんな恋のおまじない。

「最初からそんな行動できてたら、苦労せんわ!」とか

「どうやってそれを手に入れるねん!」

とツッコミできる面白おまじないも存在しますよね。😁

 

でも、面白おまじないも含めて「なんかありえそうなところ」を突いているな、と思えます。

 

材料が指定されてたり、色が決まってたり、天候が決まってたり

その理由をなぜ?と思う前に「そうしないと願いが叶わないんだ」と思ってしまうこと。

そのルールを気にすること自体が「呪う(まじなう)」ことなのだ、と思えます。

 

本当のところ、願う内容はなんでもいいのかもしれません。

恋愛にはこの日

この色は、相手に好意を伝えるため

と縛ることが重要なのだと思います。

意識を強くして(思い込みを強く)、それがエネルギーとなり、指定されている願望をかなえるのかなと、思いました。

見えない力でどうしたいのか

でもこの「恋のおまじない」。

結構怖いことだと思っています。

自分の本来の力では「叶う」か「叶わない」か分からない不確定なものを、エネルギーを使って「叶う」ように動かす訳です。

 

そのお願いが、「両想いを願う」だったら、対象の相手がいる。

その相手に、自分が作ったエネルギーをぶつけている。

それって、生霊飛ばしているやないかー!・・・と。

 

見えない力を使って「気付いて」「振り向いて」と、相手の意志を操作しようとしている訳です。

相手の気持ちは?と・・・😖

相手の気持ちは無視なんですよね。

それでも素敵な人と巡り合うなら

どれだけ好きな人がいたとしても、生霊飛ばすのは怖いことですよね。

それに、回りまわって自分の足を引っ張ることにもなります。

(ここら辺は、カルマとかでしょうか・・・)

考えてみると、恋のおまじないってなんなんでしょう・・・。

 

恋とは違いますが、「良縁」ではどうかなと思います。

「良縁」はあくまで「良いご縁」。

そして「ご縁」は人間関係以外も、環境も含めてです。

だから、「良縁」を繋いでいくだけで結果的に「素敵な人と巡り会える」のではないかな、と思うのです。

 

スピリチュアルのことを知ると、子供の頃は何気なく怖いことをしているなと思います。

エネルギーは、大人、子供関係なく使えるものです。

 

大人になり、スピリチュアルを知って、子供の頃の行動を悔やむことも多いです。

大人になってしまっては、今さら・・・と思う人もいるかもしれません。

ですが、まず第一歩は気づき⇒自分が間違ったと受け入れることなんだと思います。